はてなで泣いた

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

焼き芋オーブン使わず電子レンジで簡単早く美味しい作り方・レシピ、ためしてガッテンや目がテンで紹介10分程で出来上がる、さつまいものカロリーは?おまけにオーブンで焼く方法も

さつまいもを一番甘くおいしく食べる方法を知っていますか??

スマステ(スマステーション)でも取り上げられたのかな?

 

それは、焼き芋だそうです。その辺の詳しい話は後からするとして、とにかく

 

安く、早く、おいしく

 

焼き芋を作りたいですよね!?

 

「焼く」から考えると、オーブンを使いたくなってしまいますが・・・ちょっと考えてみてください。

 

◆安く オーブンなんて使ったら・・・電気代すごいよ、何度もできない・・・

 

◆早く オーブンで焼くのは高温でやっても40分〜50分以上、人によっては90分ぐらい焼いてとか言われる・・・

 

ということで、オーブンではニーズに合わない!高くつくし、遅い・・・。トースターもそんなもの!

 

ので、ここで登場!


電子レンジ!

 

厳密には「焼く」ではなくなってしまいますが、焼き芋にした場合と同じような甘さと食感が得られれば何の文句もないでしょう。もしどうしても焦げ目が欲しければ、それだけあとでガスコンロで炙ればいいわけですから。

 

電子レンジで焼き芋を簡単に作る方法です。

 

電子レンジの使い方を誤ると、失敗します!

電子レンジをうまく使うことで、「焼き芋」と同じ状態にさつまいもを持っていく・・・ということです。

 

ちょっとあやしいので、その原理も先に知ってから電子レンジで作ることにしたい!
って方は、まずこの記事を一番下まで読んでみてください。

下の方に、その原理を記載しています。(ぼくも見聞きしたことですが)

 

ちなみに、電子レンジでのやり方を書く前に言っておくと・・・一番失敗しない方法は

 

パンを焼くトースターを使う

 

方法です。

 

アルミホイルに巻いて、小さいもので20分ぐらい、拳よりちょっと小さいぐらいのもので30分ぐらい焼けばOK。

 

焼けたと思ったら一度アルミホイルを開けてハシをさしてみる。ひっかかりがなく下までスッと入ったら焼けています。手触りで全体的にやわらかくなってればだいたいOKですけど。

 

もしまだ焼けてないときはまたアルミホイルに包んで5〜10分焼いて・・・また同じことを繰り返せばよし。
焼き芋がおいしい「安納芋(あんのういも)」なら・・・たぶん焼けた時には「蜜(みつ)」が出ています!!

 

焼き芋にするさつまいもでオススメは、安納芋が最強です!!

  

 

トースターを使った場合はほぼ間違いなく「焼き芋」になります。味も見た目も!味も!

だから、失敗しない方法を選びたい人にはトースターを使うことをおすすめします。

 

ただ、ここでは「早くやりたい」人のため、電子レンジの方法をご紹介。コツをつかむまでは、やや難しい可能性もありますが・・・

 

 

★ 焼き芋オーブン使わず電子レンジで簡単早く美味しい作り方・レシピ

 

安全面・美味しさ、全体に対して責任は負えませんので、あくまで自己責任でお願いします。

電子レンジをオーブンやトースター機能で間違えて使ってしまうと新聞紙が燃えるなどの危険性が考えられます。十分ご注意ください。また、あくまで自己責任でお願いします。安全性の保証はできませんし、検証もしていません。

 

10分ちょっとで出来上がります!!

 

テレビ番組「ためしてガッテン」や「目がテン」で紹介されていた方法からアレンジされたというネット上の各種情報を集めて実行いたしました。これでおいしく安く、早く簡単に焼き芋を堪能できます!

 

 

★ おいしいサツマイモ

 

どうしても美味しい焼き芋が食べたい!ということで今回ぼくが選んだ食材はこちら

安納いも

f:id:AR30:20111117145314j:image:w400

形どうこうではありません!絶対うまい!甘い!オススメです。
本物と言える焼き芋を食べたあとでは・・もう、後戻りはできません(笑)
ここで買えます(笑)↓↓

 

 

★ サツマイモの準備

 

 

f:id:AR30:20111117145941j:image:w400

豪快に、洗わずに!って人もいるかもしれませんが・・ここは洗っておきました(笑)けっこう念入りに表面をゴシゴシと。すきあらば皮も食べる派なので(笑)あ、皮も食べた方が胸焼けしないっていう話も聞いたことありますけど。

お芋さんの体重測定です。このあとの手順の目安にしてください。232g

f:id:AR30:20111117150359j:image:w250

 

 

★ 新聞紙にくるみます

 

f:id:AR30:20111117150604j:image:w350 f:id:AR30:20111117150758j:image:w350

このあと実際には「蒸す」ようなことをやるわけですが、新聞紙でくるむと余計な水分を取ってくれる!そういう効果が期待できるんだと思います。

 

 

★ 電子レンジで1分半加熱

 

普通に1分半加熱します。普通にやると、たぶん電子レンジは「強」になっていると思います。「弱」や「解凍」ではなく「強」これでOK。

f:id:AR30:20111117151007j:image:w400

短時間に強火で表面を加熱・・・するイメージですね。

 

 

★ 電子レンジ「解凍」で10分加熱

 

「強」で1分半の加熱が終わったら・・・次は、続けて「解凍」機能を使います。

f:id:AR30:20111117151057j:image:w400

「解凍」で10分間です。
あとで詳しく書きますが、この高すぎない温度で10分間加熱するというのが、イモを甘くするための「魔法」なんです(笑)

 

 

★ できあがり♪

 

ではさっそく取り出してみて、火が通っているか確認・・・と。箸や細いもので刺してみて、芯がなければ大丈夫だと思います。

f:id:AR30:20111117152325j:image:w400

よし大丈夫!ちなみにこの時に「固い」と思った場合は・・・
今度はレンジで普通に2〜3分間加熱しましょう。今度は「解凍」でなくていいです。普通に「強」で。

さきほどの「魔法」のあとなら、その後はもうどれだけ加熱しても甘さは変わらないらしいので(これも下で詳しく)。やりすぎは注意ですけどね。

f:id:AR30:20111117152407j:image:w400

割ってみました!みてください、この黄金色の輝き(笑)これぞ焼き芋!!じゃないですか!?
安納いも等の「おいしい芋」を体験すると、もうこれ以外の芋での焼き芋はご遠慮させていただきたく・・・なります(笑)それが怖い人は、安納いも、食べないでください(笑)

f:id:AR30:20111117152633j:image:w400

焼き芋そのもの!味は・・・

あたりまえにおいしいんです! by 川平慈英風

これにマーガリンやバターをのせたりすると・・・あぁぁああぁ

f:id:AR30:20111117152922j:image:w400

やめてー!カロリー上がるからやめてー!・・・はい、自粛してくださいねみなさま(笑)

どうにもおいしいらしく、インコまでもが目の色を変えてやってきます。
それ食べていいのか??う〜ん。。まあイモだから悪くはないのかな。。あ、マーガリン付いてるとこは絶対ダメだと思いますので避けてますけど。

f:id:AR30:20111117153442j:image:w350 f:id:AR30:20111117153432j:image:w350

 

 

★ オーブンで焼いた場合は

 

ちなみに、比較のため2本あったもう1本の安納いもはオーブンで焼いてみました。

約265g

温度200度(予熱なし) 40分間

何にも包まず、さつまいもそのままオーブンに入れてスタート

f:id:AR30:20111117162243j:image:w400

美味しくできました♪ただ、みてください、上の方法で電子レンジでやった時と大きく差はありません!!

 

 

★ トースターで焼き芋を作るには

 

パンを焼くトースターでの方法も書いておこうと思います。

イモを洗う、水を切る

アルミホイル(銀紙)でキレイに包む

その状態でトースターに入れて焼き始める

時間は・・・サイズによって違いますが
ある程度小型のイモでも最低20分ぐらいは焼く必要があるでしょう。

あとはその時点で一度出してみてイモにハシを刺して、ひっかかり無く一番下まで通れば焼けてる、ひっかかりがあるならまだ中が固いのでもう一度焼く・・・そこからは5分とか10分とか焼いてみてまた様子をみましょう。

実は確実性と経済性からは、トースターがオススメなんですけど(^^;
ほとんど失敗しないしオーブンよりはお金かからないだろうし。。

 

まあ、本来「焼き芋」とは「焼く」ものですから、オーブンやトースターでやればそれは美味しいはず(^^;

だけど、わかってほしいのは、そんなに大きな差がないということです。

安く・早く・しかも、オーブンでやったときとおいしさがそんなに変わらないなら、電子レンジも・・・良いですよね!?(笑)

 

オーブン使わなくてもこんなにおいしくできるんです!
こんなに簡単でおいしいレシピ・作り方・・・もっと早くから知っていれば・・・もっと食べたのに(笑)

では、なぜ上の電子レンジを使った作り方でおいしい焼き芋ができるのか、下に書きます。

 

 

★ 焼き芋はなぜ甘くておいしいのか

 

参考:
知識の宝庫!目がテン!ライブラリー

さつまいもは焼き芋にすると甘くなるのですが、それはなぜか。

それは、蒸したり、単純に電子レンジでチンてするときよりも、焼き芋の場合が「甘くなるために最適な温度」である時間が長いから、だそうです。

何が甘くなっているかというと、サツマイモの主成分であるデンプン。
デンプンは甘くはありませんが、加熱されるとサツマイモに含まれる酵素が働き始め、デンプンを細かく分解し甘い麦芽糖に変えてくれるそうです。

この酵素が活発に働くのがおよそ65℃から75℃の温度帯だそうで、この時間が長く保たれればその分酵素の反応時間が長くなるため甘くなるとのこと。なるほど。

もし電子レンジの「強」でサツマイモに火を通すと、6分間ぐらいで芯まで熱が通ります。
石焼芋屋さんのサツマイモの調理方法なら、45分間。

65℃〜75℃の温度帯にサツマイモがいる時間は

電子レンジだと約50秒
焼き芋だと約9分30秒

こんなに違うわけですね。納得。
じゃあ、ってことで70℃ぐらいの温度に保ち続けてひたすらその温度帯にいさせたらどうなるか。その場合は、実は10分以上はあんまり関係ないとの結果が出たそうです。

これらの結果から・・・

65℃〜75℃の温度帯にいる時間を

約10分間サツマイモに体験させる

ことが、焼き芋と同じおいしさを体感できる方法だとわかるわけですね〜。

それが上で紹介した「焼き芋オーブン使わず電子レンジで簡単美味しい作り方・レシピ」になるわけですね。

 

 

★ 焼き芋のカロリー

 

あの、マーガリンとかのせたらこのカロリーではなくなりますよ(笑)あくまでイモだけのカロリーの話です。

 

焼き芋100gあたり

可食部(食べられるところ、皮をのぞいた実の部分)約90g

約150kcal

 

だいたいの目安にしてくださいね。

@iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...