はてなで泣いた

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

iPhone株価アプリを削除・非表示・消す方法、カレンダー等消せない標準アプリを何でも【iPhone/iPad 使い方の基本】

iPhone株価アプリ

削除・非表示・消す

方法 カレンダー等消せない標準アプリを何でも【iPhone/iPad 使い方の基本】


Safari,YouTube,カメラ,iTunes等の一部の標準アプリをホーム画面から消す方法は別の記事でお伝えしました↓↓↓
iPhone標準アプリを削除・非表示する方法 Safari,YouTube,カメラ,iTunes等【iPhone/iPad 使い方の基本】 - はてなで泣いた

が、その方法では「株価」「カレンダー」「計算機」「天気」など、やっぱりホーム画面から消せないアプリがあります。

そこで今度は、「どんなアプリでも消せる方法」をご紹介します。


ただし!

先に言っておきますが、これはあくまで「一時的」な対応でしかありません(笑)本当の本当に消すことは脱獄しないとたぶんできません。よって、「あ、こういうこともできるのか」という知識程度にご覧ください。


iPhone株価アプリを削除・消す方法、カレンダー等消せない標準アプリを何でも

ホーム画面を11ページ目まで作る

ホーム画面は最大で11ページ目までしか作ることができないと思います。その最大である11ページ目までホーム画面を作ります。10ページ目までの途中のページは「アプリ1個」の状態でもOKです。


11ページ目は16個のアプリを配置、最後に消したいアプリを置く

最後のページ、11ページ目だけはページが埋まるように満杯にアプリを配置してください。
そして、このページの一番右下、最後にあたる部分に今回消したいアプリを置いてください


他のページから11ページ目へアプリを移動させてくる

他のページにあるアプリを11ページ目へ移動させてきます。
この時、「移動させるアプリ」は「2個以上のアプリが置いてあるページ」からもっていきましょう
そして、「消したい」と思っていたアプリの場所に置いてみましょう。

アプリが2個以上あるページから1つ、アプリを移動させる

消したいと思っていた11ページの一番右下にある「株価」アプリの位置に置く

すると、株価アプリが・・・


はい、削除・消えました!

非表示完了です!


これ、「ホーム画面は11ページ目までしか作られない」という仕様から起こっている現象なんだと思います。

株価アプリは、存在しない12ページ目へ飛ばされたということ。
バシルーラ・・・かわいそうに(笑)


これでめでたく標準アプリ等、何でも消せるようになったわけですが、
最初に言ったとおりこれは一時的なものでしかないんです。

というのも、iPhoneを再起動したり、アプリを追加・削除したりしたあとiTunesと同期させたりすると・・・
ちゃっかり戻っていらっしゃいます株価アプリ(笑)

そんなに株価気にしてるやつばっかじゃねーよ!っていいたいところですが、iPhoneってAppleが作った「こういうの使ったら便利なんじゃない」っていう提案商品だと思うので、お客さんがどうとかある意味関係ないんだと思います(笑)

まあ、「お客さんのニーズに合わせて・・・」みたいなことばっかり言ってると革新的な商品って作れないんでしょうねぇ。


そりゃそうだ。

お客さんの声から、今存在してない「iPhoneを作って」なんてものすごい提案はくるわけないですからね。
お客さんにあわせすぎるのも考え物・・・なのかな。

国内メーカーさんはこの辺で新しい製品を作れないのかもね。

follow us in feedly
メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんいやまじでやすいよほんとやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあ
@iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...